◆「社会の裏側!」127……なぜ、国産蕎麦や国産小麦に、悪魔の除草剤「グリホサート」が6倍~150倍も使われ始めたのでしょうか。「100均」の家庭菜園用の除草剤にさえも!

なぜ、国産蕎麦や国産小麦に、悪魔の除草剤「グリホサート」が6倍~150倍も使われ始めたのでしょうか。「100均」の家庭菜園用の除草剤にさえも!

◆「社会の裏側!」127

~ガン発症リスクが判明し、急遽、販売禁止にした「100均」の店があるほどです。
 製造元のモンサント社の過去の歴史を、少し述べておきました~

 山田博士・著



      (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。








★概要


忘れもしません。

あの年。
そう、2017年の、まさに年末。

ぼくたちみんなが年末年始で酔っぱらったり、あるいは多忙
なときを見計らって、政府は「動き」ました(えっと、酔っ
ぱらっているのは、ぼくだけかもしれませんが……)。

きわめて「こっそりと……」、日本政府は、この悪魔の除草
剤「グリホサート」の残留基準値を「超大幅に」……引き上
げたのです。

つまり、それぞれの作物に、もっとたくさんこの「グリホサ
ート」を使ってもいいですよ、とね。

その日は……じつに、「クリスマス」という……12月25
日でした。
いやあ、よくやりますよね。

こういう日を狙(ねら)うということは、その裏に何かある
……と、誰でも思ってしまいますよね。

そして、それが当たりました。

             ★★★

そのときに、国産の小麦や国産の蕎麦や、トウモロコシなど
に、この「グリホサート」を大幅に使ってよし、となったわ
けですね。

いや、2倍や3倍じゃありませんよ。

たとえば小麦は、改訂前は5ppmでした。

つまり、それまでは、それ以上の「グリホサート」を使って
はいけなかったのです(もちろん、体に悪影響を与えるとい
う意味で、その数値は決まっていたわけですよね)。

それが……今回、なんと6倍の30ppmに……。

6倍ですぞ。

でも、そんなことで驚いていては、この国では生きて行けま
せん(笑)。

国産の蕎麦(そば)には、なんと「150倍に」!

ぼくは、蕎麦が大好きです。
ザル蕎麦と冷や酒があれば、もう最高……(笑)。

そのような蕎麦好きの人間の頭から冷たい水をかけられるよ
うな仕打ちを、してくれました。

             ★★★

そして、この「グリホサート」は、皆さんが庭や家庭菜園で
使う家庭栽培用の除草剤にも、大手を振って使われておりま
す。

身近の「100均店」や、ホームセンターでも売られており
ます。

ダイソーは、これに対する消費者の反対運動のあまりにもの
大きさのため、ついに、2019年にこの商品の販売を中止
しました。

それほどの除草剤なんですね。

でも政府は、何を思ったのか、逆に規制緩和を進めました。

そして、この製造元の「モンサント社」は、このほど、約3
20億円もの賠償金を払うよう、裁判所から命じられている
わけですね。

それほど、世界的も問題のある「グリホサート」。

そういう現実を、今回は、本書で述べました。

ぜひ、今日から、即、動いて下さい。

今回、最後部分に、これを製造している「モンサント社」と
いう企業がどういう過去を持っているのか。

そして現在の状況などを、詳しく述べておきました。

きっと驚かれると思いますよ。

ささささ、それでは、本書を「楽しく」ご覧下さい。



★目次


★(第1章)

ところが、すぐ近くにある「100円ショップ」など(ホー
ムセンターも同じです)で売られている除草剤の成分に、い
ま衝撃的なことが起こっていたんですね……

★(第2章)

「私は、そのような除草剤のグリホサートなど、使っていな
いしね」と思っていらっしゃるあなた。国産のお蕎麦(そば)
や国産小麦のパンは食べませんか。それらに、この悪魔の除
草剤「グリホサート」が「6倍~150倍」も使うことがで
きるようになりました……

★(第3章)

このモンサント社。いまはバイエル社に買収されましたが、
文字通り「化学、種子(しゅし)、農薬」の分野で、世界を
支配する巨大企業が誕生しました。第二次世界大戦中、広島
に投下する原爆の開発をしていたのがアメリカの「マンハッ
タン計画」でしたが、じつは、このモンサント社の社長が…

★(第4章)

最後に、家庭菜園や家の周りの雑草たちをどうしたらいいの
か。これらについて、少し述べておくことにします。いろい
ろな環境がありますが、それぞれによって、その対処は異な
るのかもしれません。まず、雑草には、2種類あります。一
年草と多年草。まあ、これはご存じですよね。そこで……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


      (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。