◆「社会の裏側!」139……カリフォルニア州が、紙の「レシート」を 禁止する法律を提出しました。環境ホル モンの「ビスフェノールA」の影響は、 なんと紙幣から食べものにまで広がり、 生殖機能障害などの被害が世界に広がって います。その実態とは!


カリフォルニア州が、紙の「レシート」を
禁止する法律を提出しました。環境ホル
モンの「ビスフェノールA」の影響は、
なんと紙幣から食べものにまで広がり、
生殖機能障害などの被害が世界に広がって
います。その実態とは

◆「社会の裏側!」139

~でも本当は、缶詰など、食べものに含まれている現実こそが、子孫たちにも
 大いに影響し、憂慮すべき課題だと言えるでしょうね~


山田博士・著


★電子版→ https://www.amazon.co.jp/dp/B09JGJ9HV7

      (585円です)


※PDF版の場合は、下記へご連絡下さい。

 各巻によって価格は異なっていますが、送金情報をお送りします。

 ただ、なるべくなら、上記のアマゾンでお願いします。

   事務局→ http://goo.gl/t12Yx






やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。

お元気でしたか!


今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。

                              

地球という星を平和にしたい。

そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる

涙をストップさせたい。


空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、

ぼくはいつもその方法を考えています。


そのために、「食べもの」が人を180

度変え、家族を変え、文明を変え、歴史

を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





★概略


アメリカのカリフォルニア州でこのほど、議会に、スーパーなどで

買い物をした際に発行される「紙のレシート」を禁止する法案……

が提出されました。


いよいよ法律で規制しようとなったわけです。


その理由は、「レシート」のコーティングに使われているある化学

物質が、人の健康や自然環境に有害ということなんですね。


もしこの法律が成立すれば、アメリカ社会への影響は必至です。


業界など、大騒動になることでしょう。


このある化学物質というのが、「環ホル」(環境ホルモン)でもある、

あの悪名高い「ビスフェノールA」でした。


★★★


この法案によりますと、スーパーやコンビニなどの小売店は、客が

要求しない限り、従来の紙の「レシート」は発行できなくなります。


そしてその代わりに、電子レシートなど紙以外の方法での対応を迫

られることになります。


まあ、業界は大変なことでしょうね。


その後、世界各国でも、この動きが加速しているようです。


アメリカの環境団体グリーン・アメリカによりますと、アメリカで

は、紙の「レシート」の使用によって、年間300万本以上の木と約

340億リットルの水が使われていると言います。


なんとも、凄い影響なんですね。


★★★


さらに、「レシート」の生産過程で約13万6000トンにおよぶ廃棄

物が発生し、40万台以上の自動車が排出する量に相当する温室効

果ガスが排出されていると言います。


そして、今回、本書で取り上げている、健康面でも懸念があるわけ

ですね。


なぜなら、この「レシート」に使われている感熱紙の多くが「ビス

フェノールA(BPA)」や「ビスフェノールS(BPS)」などでコーテ

ィングされているから。


これらは、生殖機能障害や二型糖尿病、甲状腺疾患など人体に影響

をおよぼす危険性があるとされているわけですね。


コトは、穏やかではありません。


★★★


欧州連合(EU)は現在、欧州グリーン・ディールの一環で、安全で

持続可能な化学物質の生産や利用を促進する方針を進めています。


そして日本企業の中でも、動きがあります。


たとえば、リコーが2020年、BPAやBPSの人体への影響が懸念

されていることなどを理由に、2021年春から「フェノール系化合

物」を含まない感熱紙の販売を開始するとし、生産・販売するすべ

ての感熱紙を順次「フェノールフリー」に変えていくということを

発表しています。


知らないのは、消費者ばかりなのでしょうね。


★★★


でも、この「ビスフェノールA」などの影響は、ただ単にこの「レ

シート用紙」だけに留まらず、紙幣もそうですし、缶詰などでも、

いろいろな問題が考えられます。


じつは、食べものへの影響こそ、ぼくは一番、憂慮しております。


子孫たちを泣かさないために……。


本書をお読みになり、ぜひ身近で可能な動きをなさって下さい。


ささささ、それじゃ、どうぞ……。





★目次


★(第1章)


その理由は、「レシート」のコーティングに使われているある化学

物質が、人の健康や自然環境に有害ということなんですね。もし

この法律が成立すれば、米社会への影響は必至です。業界など大

騒動になるでしょうね。このある化学物質とは、なんと環境ホル

モンの「ビスフェノールA」だったのです……


★(第2章)


欧州などでは、「ビスフェノールAフリー」なんて書かれた食べも

のが多いのですが、それはこの「ビスフェノールS」が使われて

いることが多いんですね。でも、じつはこれにも、やはり問題が

あることが最近分かりました(笑)。なぜなら……


★(第3章)


缶詰の内側をちょっとのぞいてみて下さいな。ピカピカにコーティ

ングされていませんか。それは、エポキシ樹脂(じゅし)……と言

いますが、この「ビスフェノールA」は、なんと、その「エポキシ

樹脂の原料」でした。そこで、それを使っていない缶の見分けかた

を、ソッとお教えしましょう……


★(第4章)


紙の「レシート」を廃止することは自然環境保護のためにも不可欠

であると、彼は強調していました。いずれにしても、ぼくたちは、

いま原点に戻って、今後をどうするか考えなくてはなりません。下

記で、ちょっとそのあたりを、ウダウダと述べてみたいと思います

……






★電子版→ https://www.amazon.co.jp/dp/B09JGJ9HV7

      (585円です)


※PDF版の場合は、下記へご連絡下さい。

 各巻によって価格は異なっていますが、送金情報をお送りします。

 ただ、なるべくなら、上記のアマゾンでお願いします。

   事務局→ http://goo.gl/t12Yx