◆「社会の裏側!」132……なぜ、10代の若者に、「少子化を進行させるフタル酸エステル」がこれほど多いのか。この衝撃事実に隠されたニッポンの未来像とは!

 なぜ、10代の若者に、「少子化を進行させるフタル酸エステル」がこれほど多いのか。この衝撃事実に隠されたニッポンの未来像とは!

◆「社会の裏側!」132


~外食好きと自宅で食事を中心にしている人とでは、これだけも数値が異なっていました。EUの「RoHS(ローズ)指令」の目的は、まさに、これだったのです。でも一般住宅の壁などにも……~

 山田博士・著




      (1冊は、585円~695円です)             
         
         



やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





★概要


いま、とくに外食企業たちが、その「対応に追われているも
の」があります。

それこそが、この「フタル酸エステル」……なんですね。

この名前を聞いても、そりゃナンジャラホイ……のかたも多
いでしょう、、きっと……。

ぼくの書いた本などをご覧になっているかたは、「あ、それ、
聞いたこと、ある!」……と、心の中で膝(ひざ)を打って
いらっしゃるかもしれません。

でも、日本国民のほぼ100%のかたが、この「フタル酸エ
ステル」と多かれ少なかれ、関係があります……。

つまり、どなたも、これから逃(のが)れることができない。

そう聞くと、少しは親しみも湧(わ)くかもしれません(ま
あ、別に親しんでいただく必要など、サラサラないのですが
……)。

             ★★★

ところが、この「フタル酸エステル」。

じつは、外食だけじゃなく、皆さんが住んでいる「家」とも
深刻な関係があることも、分かってきました(本書で詳しく
述べました)。

そんなこと、いままで誰も大声では言いませんでした。

とくにマスコミなど、そんなこととても言えません。
大切なスポンサーが、いつも後ろで睨(にら)んでいますか
らね(笑)。

それについても、今回、少しお話ししてみようかなと思って
おります。

その前に、この「フタル酸エステル」という物質。

2019年7月から、EU(欧州連合)で「大幅な規制」を
することにな
りました。

そのため、現在、これを使っている企業たちは、大慌てです。
だって、これが無くなったら、どうしたらいいのか。

いままでのように食品などを販売することが不可能になりま
すからね。
それぐらい企業にとっては不可欠な物質。

             ★★★

つまり、EUの、化学物質規制「RoHS指令」に、この「フタ
ル酸エステル類」の4物質が加わることが
決まっています。

この「RoHS指令」。

ちなみに、これ、皆さんのお好きなロハス……とは読みませ
ん(笑)。

まあ、読むとしたら「ローズ」……かなあ……。

とにかく、この「フタル酸エステル(類)」は、内分泌攪乱
(ないぶんぴつかくらん)物質の一つであると考えられてい
るんですね。

サラッと述べておりますが、これ、じつは……大変なこと。

この内分泌攪乱物質とは、生体(せいたい)内のホルモンの
作用に影響を与えて、内分泌系の機能を攪乱(かくらん)さ
せる作用を持つ物質のことなんですね。

そして、子どもを生めなくしたり、大人のさまざまなホルモ
ン性ガンの発症へと導くのでしたね。

いまの少子化の、まさに原因でした。

             ★★★

つい以前まで、こうした現実がさっぱり分からなかったので
すが、現在は、こうしたことは、いまや、すでに世界的に周
知の事実となりました。

そして、「フタル酸エステル」の尿中(にょうちゅう)濃度を
調べて、食事との相関関係を調べた……というわけですね。

その結果、いやあ、驚きました。

レストラン、カフェ、ファストフード店などで「日常的に外
食」していた人たちは、自宅で料理をして食べた人たちと比
べて、尿中の「フタル酸エステル」の濃度が「35%高い」
ことが分かったわけです。

この35%……というのは、あくまで平均値ですから、もっ
ともっと高い人もいたわけでしょうね。

そして、外食が尿中の「フタル酸エステル」濃度に最も大き
く影響していたのは、なんと、10代の若者でした。

             ★★★

食事のほとんどを外で済ませるような若者は、家で食べてい
る若者と比べて、平均で55%も高かった……と言います。

ところが、この「フタル酸エステル」、ただ単に食事からだ
けじゃなく、皆さんがお住まいの自宅からも高濃度で検出さ
れているわけですね。

欧州の主要国では、住宅の壁紙(かべがみ。クロス)や建材
に、こうした「フタル酸エステル」が原因の「塩化ビニルク
ロス」なんてものは、一切(いっさい)使っておりません。

もちろん、病院などの公共施設にも同様です。

まあ、このようなことを、「平気な顔」をして述べておりま
す、はい(笑)。

皆さんのご家族を救うために、ぜひ、ご一読下さい。

ささささ、どうぞ、頁を……。




★目次


★(第1章)

今回、ここで述べることは、外食店で提供される食材の内容
とは、まったく別のお話です。恐らく、多くのかたは、「こん
なこと」、まったく気づかないまま、外食に依存して、短い人
生を終えられるのじゃないかなあ(笑)。いったい、「外食の弊
害」とは、何なのか……

★(第2章)

でも、日本国民のほぼ100%のかたが、この「フタル酸エ
ステル」と多かれ少なかれ、関係があります。つまり、どな
たも、これから逃(のが)れることができないんですね。な
ぜなら、ただ外食だけじゃなく、いま住んでいる家や公共施
設の建物まですべてに……

★(第3章)

そして、尿中の「フタル酸エステル」濃度がもっとも高かっ
たのは、なんと、10代の若者でした。こうした食事のほと
んどを外で済ませるような若者は、家で食べている若者と比
べて、平均で55%も高かった、と言います……

★(第4章)

日本の国民はみんな、平気で、この「塩化ビニルクロス」を
住宅の壁紙や建材に使っております。そしてそれが、一般の
住宅だけじゃなく、マンションや共同住宅、アパート、店舗、
飲食店などの建物にも。そして、病人がいる病院でさえ……。
その結果、新築住宅内では「フタル酸エステル類」7種と、
それに有機リン化合物が8種検出されたという報告もありま
す……

★(第5章)

皆さんは、言い訳がお上手です(笑)。仕事で忙しいから……
なんて理由を言うかたがいますが、自分の体がもし明日倒れ
たら、仕事や育児や介護なんて、絶対にできるものではあり
ません。いま、仕事ができるのは、過去に、自分の体を労
(いたわ)ってきた結果なんですね。はい、包丁!……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内



      (1冊は、585円~695円です)