◆「社会の裏側!」131……若者よ、背広を脱いで山に出よう。「林業」こそ、農業や漁業を守り、日本再生の原点だ!

若者よ、背広を脱いで山に出よう。「林業」こそ、農業や漁業を守り、日本再生の原点だ!

◆「社会の裏側!」131

~近ごろ頻繁に起こる豪雨による土砂崩れを防ぎ、野生動物と共存でき、プラスチック
 などの弊害を無くした「優しい日本」を作るために~

 山田博士・著




      (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。






★概要

最近、こうした事故が多くありませんか。


豪雨が続いて、各地で、家が水に浸かっている……。

そういう写真ばかりが、マスコミで流れています。


じつは、日本の「山」が、泣いています。


それと、大いに関係があるわけですね。


本当に、泣いています。


なにしろ、2017年に、「所有者不明土地問題研究会」という組

織が、発表しているんですね。


それによれば、「長期間未登記の土地」が全国で約410万ヘクタ

ールにものぼっていると。


この面積は、なんと九州(約368万ヘクタール)を上回っている

んですね。


この狭い日本列島の中で、九州ほどの面積が、長期間未登記であっ

て、その持ち主も分からない。

つまり、境界線なども不明で、どう扱っていいのか分からない土地

なんですね。


そして、その「所有者不明土地」の大きな部分を占めているのが、

この「山林」分野なのです。


この土地は、農地や宅地とは違った問題があります。

それは、「境界線の未確定問題」です。


             ★★★


まあ、それらについては、本書を見ていただくとして、じつは、日

本の山は荒れているなんてよく言われますが、結論を先に言います

と、日本の山には「ハゲ山」もなく、きわめて緑が豊かなんですね。


ただ、それらの多くは人工林なのですが、手入れがまったくなされ

ていない。


それこそが大問題なんです。


そのために、豪雨にでもなれば土砂災害や洪水などが頻繁(ひんぱん)

に起こり、毎年、多くのいのちが奪われるという悲しい光景が広が

っています。


もういい加減、、そのような悪循環を、ここらでストップさせよう

じゃありませんか。


そして、じつは、この「林業」というものは、農業や漁業にまで大

きな影響を与えるという、きわめて大切な源(みなもと)なんですね。


つまり、こうした「林業」こそ、ぼくたち日本人は、もっともっと

大切にしたい。


日本再生は、まさに、この「林業」からスタートする。


そう思っています。


             ★★★


たとえば、江戸時代など、周囲は「ハゲ山」ばかりでした。


なぜなら、ぼくたちの先祖サンたちは、こうした山の木を、資源や

燃料として大量に使っていたからなんです。


たとえば、歌川広重(うたがわ・ひろしげ)の「東海道五十三次」

などに出てくる森については、下草がまったくありません。


そしてそこに突っ立っている木は、痩(や)せ地でも育つ松ばかり

じゃありませんか。


違いますか(笑)。


彼の絵をよくご覧下さい。


そこに、杉や檜(ひのき)が描かれています?


そう、江戸時代の、とくに都市の近くの山は、「ハゲ山」だったの

です。


それを、明治時代以降、ぼくたちの先祖たちは、一所懸命になって

山を育ててきた。


ただ、その方向が、いまとなれば、間違っていたわけですね。

そのあたりもぜひ、本書をご覧下さい。


             ★★★


いまでは、冒頭に挙げたように、山の所有者も分からず、その境界

線も不明なため、放置されたままなのですが、こうなると、何が起

こるのか。


間伐(かんばつ。木を切って、まばらにすること)がなされないた

めに、日光が射し込まず、下草(したくさ)が育たない(最近、間

伐をしなくても、森は再生する……と言うかたも現れましたが)。


すると土壌が貧弱になりますよね。


そして、表面の浸食(しんしょく)が起きて、土砂崩れに向かう。


いままでなら、少しぐらいの雨でも、保水作用がありましたから、

洪水(こうずい)など、考えられませんでした。


それが、いまは、ちょっとした雨で、川は氾濫(はんらん)し、下

流(かりゅう)地域は洪水になるという有様(ありさま)なんです

ね。


最近、こうした事故が多くありませんか。


豪雨が続いて、各地で、家が水に浸かっている……。

そういう写真ばかりが、マスコミで流れています。


             ★★★


確かに大型台風のせいには違いありませんが、それは昔からありま

した。

しかも、いまより、もっと巨大な台風も日本には何度もやってきま

した。


でも、最近のこうした大々的な洪水を見ていますと、ぼくたち人間

が為した行為の結果もあるわなあ……と、思ってしまうんですね。


最近の豪雨では、多いところでは降り始めから、なんと1000ミ

リにも達しており、毎回、「何十年に一度の記録的な」…だなんて

言っているうちに、毎年こうなっていた……ともなりかねません。


そう、たかが山、されど山。


日本で、この「林業」を復活させるには、どうしたらいいのでしょう。


そのためには、この「林業」を、いままでのように、単に「環境を

守るため」……というのじゃなく、もっと大胆に、「経済的視野」

でとらえるべきじゃないか。


そうして、若者たちがこの「林業」で、経済的にも豊かになれること。


             ★★★


そのような施策(しさく)を施(ほどこ)した上で、若者たちに「林

業」に取り組んでもらう必要があるでしょうね。


かつては、1本の丸太から、さまざまな製品が取れました。


ただ単に、家の柱や板だけじゃなく、箱や桶(おけ)、そして間伐

材(かんばつざい)からはお箸(はし)が作られたのです。


しかも、木炭や、椎茸(しいたけ)栽培の原木(げんぼく)。

そして木の樹皮(じゅひ)は、薬品の原料や屋根の材料に。

また、樹皮としては漆液(うるしえき)などの利用もありましたよね。


杉の葉っぱは、線香の材料にもなりました。


もちろん、テーブルやイスなどのさまざな木製家具……。


こうしたものが、アッという間にプラスチックに取って代わられ、

いまでは何でもかんでも、こうした石油原料のプラスチックになっ

てしまいました。


             ★★★


この「林業」については、そのとっかかりにすぎませんが、若者も

含めて、もっともっと「林業」のほうへ顔を向けてほしい。


ただ単に、環境がどうの、自然がこうの……じゃなく、その「林業」

こそが、若者たちにとって魅力ある「産業」となり、みんながそち

らの方向へ向くようになれば、この日本という国が大きく変貌する

のじゃないか。


いままでのように、ただクルマやパソコンやネット社会だけじゃなく、

世界の中で、この日本こそが「素敵な社会」を作る先頭になってほ

しい。


この「林業」こそが、いまのこの「日本を再生する原動力になる」、

と、ぼくは真剣に思っているからなんですね。


いまぼくが考えている項目を、いくつか、本書で提案したいなと思

っています。


若者よ、背広を脱いで、「山」に出よう!


ささささ、どうぞ、本書の頁をお繰り下さい。



★目次


★(第1章)


それによれば、「所有者不明土地」が全国で約410万ヘクタール

にものぼっていると。この面積は、なんと九州(約368万ヘクタ

ール)を上回っているんですね。そして、その「所有者不明土地」

の大きな部分を占めているのが、「山林」分野なのです……


★(第2章)


結論を先に言いますと、日本の山には「ハゲ山」もなく、きわめて

緑が豊かなんです。たとえば、江戸時代など、周囲は「ハゲ山」ば

かりでした。いまは、緑が多いのですが、それらの多くは人工林な

んですね。ただ、手入れがまったくなされていない。日本再生は、

まさに、この「林業」からスタートします……


★(第3章)


かつては、1本の丸太から、さまざまな製品が取れました。家の柱

や板だけじゃなく、箱や桶(おけ)、そして間伐材(かんばつざい)

からはお箸(はし)が作られたのです。でも、こうしたものが、ア

ッという間にプラスチックに取って代わられて、それが川から海へ

と流れて、「マイクロプラスチック」となり……


★(第4章)


山と川や海は、つながっています。山にある肥えた成分が川に流れ

込み、それが海へ出て、魚たち魚介類の栄養分になるわけですね。

もちろんそれらの水は農業にも影響します。いま、こうした「林業」

の担(にな)い手を若者たちに任せ、彼らが経済的に自立できるよ

うにしたいものだと思っています……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内



   (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。