◆「社会の裏側!」68……大企業が税金を払わなくて済む 凄いカラクリ。 しかも消費税が、「法人税減収」を 補填(ほてん)していた!


大企業が税金を払わなくて済む

凄いカラクリ。
しかも消費税が、「法人税減収」を
補填(ほてん)していた!


◆「社会の裏側!」68

~当初、消費税は「社会保障費」に回されるということじゃなかったのでしょうか~

山田博士・著






(585円です)

※PDF版の場合は、下記へご連絡下さい。
 各巻によって価格は異なっていますが、送金情報をお送りします。
 ただ、なるべくなら、上記のアマゾンでお願いします。
   事務局→ http://goo.gl/t12Yx

        







やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。







★概要

多くのかたは、消費税は社会保障費として必要なものなんだからと、
頭から信じていらっしゃる。

福祉や年金や医療や、みんなが必要なものに間違いなく使われるの
だとね。

だから、まさか、その消費税の税収が、そのまま「ほかの減収の穴
埋めに使われていた」だなんて、そんなこと、思いもよりません。

もしそんなことが事実だったとしたら、もう気が狂うばかりの狂態
を演じることになりませんか。

違いますか。

★★★

ぼくたちは、いままで、うまくコントロールされてきました。

じつは、ぼくたちがここ数年間支払ってきた消費税の総額とちょう
ど同じ金額が、「法人税減収」をしっかりと穴埋めしていた」のです。

こうなると、この消費税とは、いったい何のためだったのか。
と、そう思いたくなりますよね。

じつは大企業と言われる企業たちは、信じられないほど少ない法人
税しか払っていません。

まさか……と、思われるでしょうが、事実です。

確かに、マスコミたちが叫ぶように、一見、日本の「法定税率」は
高く見えます。

それは間違いありません。

★★★

ただ、問題は、実際に払っている金額がどうか、です。
違いますか。

本当に、日本の大企業たちは、外国の企業たちより多額の税金を払
っているのかどうか。

じつは、さまざまな抜け道があるんですね。
そして、「巨大企業ほど払う税金が少なくなっている」わけです。

ぼくたち一般庶民、とくにサラリーマンたちが強制的に支払わされ
ている税金などと比べると、これは、明らかに不公平です。

見せかけの「法定税率」は高いのに「実際の実効税率」は低い。
こんなことが許されていいものかどうか。

詳しくは、本文をどうぞ、ご覧下さい。
驚かれますよ(笑)。





★目次

★(第1章)

多くのかたは、これらの消費税は社会保障費として必要なものなん
だからと、頭から信じていらっしゃるわけですね。福祉や年金や医
療や、みんなが必要なものに間違いなく使われるのだと。じつは……

★(第2章)

たとえば、三井住友FG、ソフトバンク、みずほFGなどの「実際
の実効税率」を見てみて下さい。マスコミたちが叫んでいるあの高
い「法定税率」はどこに存在していますか。まさに「無税である」
かのようなカラクリは、ここにありました。それは……

★(第3章)

つまり、よく言われているように「企業優遇税制」というものが存
在するわけなんです。たとえば、「租税特別措置による政策減税」
を筆頭にして、「受取配当金益金不算入制度」、それに「外国税額控
除制度」がそうなんですね。これを拡大解釈すると……

★(第4章)

この26年間の法人3税の「累計の総減収額」は、なんとこの時期
の消費税の税収の累計額とほぼ同額です。つまり、ぼくたちがせっ
せと支払ってきた消費税は、すべて「法人税減少の穴埋めに消えて
しまった」わけですね。ぼくは消費税は「廃税にすべき」だと思っ
ています。なぜなら……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内






(585円です)

※PDF版の場合は、下記へご連絡下さい。
 各巻によって価格は異なっていますが、送金情報をお送りします。
 ただ、なるべくなら、上記のアマゾンでお願いします。
   事務局→ http://goo.gl/t12Yx